スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴光喜やっぱりやっていた野球賭博 

相撲業界のプロ野球賭博が大騒動になっていますね。
週刊誌の報道も捨てたものではないですね!



プロ野球賭博に手を染めて、暴力団から恐喝されていたことを
一貫して否定していた大関琴光喜が、プロ野球賭博の口止め料
として300万円を脅し取られていたことが、捜査関係者の
口から明らかになりました。



本当に相撲業界はどうなっているんでしょうね。。。
国技としてこのまま存続していけないのではないでしょうか。。。



大相撲の夏場所が開催している最中、すでに琴光喜は警視庁の
事情聴取に応じ、関与を否定していましたが、再聴取の時点で
賭博への関与を認め、さらに恐喝に屈して被害に合っている
ことが明らかになりました。口止め料として支払った金額は
300万円、支払ったあとに、さらに1億円を要求されていた
といいます。




この件について、相撲協会の武蔵川理事長は「脅されていて、
家族や自分が危険だという判断で率直に認めることが
出来なかったようだ」とコメントしています。




琴光喜が賭博行為への関与を認めたことを受けて、師匠の
佐渡ヶ嶽親方は名古屋場所の出場辞退、および当面の謹慎を
自主的に決断しました。さらに、理事会に出席して陳謝し、
琴光喜本人に再発防止を約束させ、誓約書を書かせたと
いうことです。



大甘な最低と全国的に批判が集中している相撲協会ですが、
本当に悪いのは野球賭博を開帳し、参加者を募っている
暴力団です。しかし、こういった事件では、暴力団や
その関係者がメディアで追及されることはまずありません。
相撲協会に蔓延している賭博の実体を解明すると宣言
している警視庁と相撲協会ですが、果たしてどこまで
実体が解明されるのか、今後の真相解明に注目したい
ところです。





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000259-sph-spo
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/sumo/404196/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4830354/

塚本監督の自主制作映画の鉄男が高評価! 

『鉄男』が注目を浴びていますね。
この間注目されていた実在する、ツリーマンを思い出しました。



主人公はアメリカ人、舞台は東京、そしてセリフは全編英語
という異色の映画 「鉄男 THE BULLET MAN」が
大きな注目を集めています。



人間の体が鉄の細胞に侵されていくという異色のストーリーが
話題の 「鉄男 THE BULLET MAN」は、監督の塚本晋也氏が
自主制作で作り上げた力作で、平成元年に発表された「鉄男」
の続編第3弾です。




平成元年に初めて上映された「鉄男」は、16ミリカメラと
少数精鋭のスタッフで撮影した手作り感あふれる映画でしたが、
その年のローマ国際ファンタスティック映画祭のグランプリを
受賞して、大変な注目を集めた話題作です。




今回上映されている 「鉄男 THE BULLET MAN」は最初、
ハリウッドからのオファーをもとに製作がスタートした
とのことですが、「アメリカのプロデューサーから
『どうして鉄になるのか分からない』と言われた」そうで、
結局、塚本監督の自主製作映画として完成しました。




昨今の映画は3D映像とCGが当たり前のようになっていますが
塚本監督はアナログ手法にこだわりつつ、CGを超える
臨場感にあふれた表現を実現しています。
「3Dは使っていないけど、“体感度”では『アバター』に
負けていない」と自負する塚本監督の自信作だけあって、
海外では高い評価を得ているようですね。



3Dを使わない方が、私的には良いような気がするんですが。。。



現在、「鉄男 THE BULLET MAN」はアスミック・エースの配給で
公開中ですが、秘蔵のメイキング映像が公式サイトで公開
されており、この映像の奇抜さと迫力が大きな関心を
持たれています。塚本監督のこだわりと美意識、表現への
追及が凝縮された「鉄男 THE BULLET MAN」、まずはメイキング
映像を見て、その魅力に触れてみてはいかがでしょうか?





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000039-san-ent
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024029
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4820095/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/403827/

メガネ無しで3Dが楽しめる任天堂DS 

テレビの3Dをこの間、初体感して来ました。
最初はいいけど目が疲れてくる感じを感じてしまいました。



前々から噂になっていたニンテンドーDSの後継機種が、ついに
公開されました。



今回発表されたのは、専用メガネなしで3D映像が楽しめる
ニンテンドー3DS。収益が落ち始めている任天堂の業績を
一気に上向かせるための起爆剤として、満を持しての
発表となりました。



メガネ無しというのはすごいですね。
でも目がめちゃくちゃ疲れそうな気がするのは私だけでしょうか・・・



今までの3D映像は、専用のメガネをかけて楽しむのが一般的
でしたが、今回発表されたニンテンドー3DSは、裸眼で立体視
を楽しむことができるということで、開発の段階から大きな注目
を集めていました。



今月15日に、アメリカのロサンゼルスで開幕した世界最大規模
のゲーム見本市「E3」で、任天堂の社長・岩田聡氏が直々に
発表した3DSのスペックは、ゲームファンならずとも非常に
興味深いものがあるようです。




世界で1億2800万台以上を売り上げてきた大ヒット商品
「ニンテンドーDS」と同じく、折りたたみ方式の2画面構成
となる3DSは、上部の3.5型画面のみが3D映像対応画面
となっています。さらに、調節機能がついており、3D効果を
無効から最大まで調節できるのだとか。おまけに3D映画も
楽しめるようです。




本体にはレンズが2つついていて、このレンズで立体写真も
取れるそうで、さまざまな3Dが楽しめることができそうです。
ゲーム以外の付加価値が盛りだくさんですね。




気になる発売時期と価格ですが、今回の発表では発売情報は
公表されませんでした。価格も時期も未だ未定という
ことですが、発売に向けての準備は万全を期して行われている
ようです。3DSの発売と同時に、3D対応のゲームソフトが
発売されるとのこと。さらに、セガやカプコンなど、大手の
ゲームソフト会社が3DS対応のゲームを投入するとのことで
ハード発売と同時に大きな話題を呼ぶことは間違い
なさそうです。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100616-00000023-mai-bus_all
ITメディアニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/16/news016.html
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4829989/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/itbiz/404051/

市原隼人が上海国際映画祭に出席 

最近では様々な所で映画祭が開催されていますね。
それほど映画人気があるという事なんでしょうね。


上海で開催中の第13回上海国際映画祭の正式イベントである
『2010上海・日本映画週間』に、俳優の市原隼人が
出席し、会場のファンを沸かせました。
このイベントはコスプレやアニメ、日本の伝統芸能なども幅広く
紹介される上海万博の関連イベント『ジャパンウィーク』の
一環だそうです。


海外でも日本映画は人気あるんですね!



このイベントに市原は、主演映画『猿ロックTHE MOVIE』の舞台
あいさつのため出席しましたが、舞台挨拶つきの上映チケットは
発売後30分で完売してしまったほどの人気だそうです。
さらに登壇した市原が北京語で「こんばんは。市原隼人です」と
あいさつしただけで、客席からは「おぉ~」というどよめきと
歓声がわく程の注目ぶりでした。人気があるようです。




熱狂的な歓迎を受けた市原は、「世界中で5人に1人は中国人。
中国の活気はとにかくすごい! 大勢の方に温かく迎えて
いただいてありがたいです。国境を越えて、世界の平和を
尊重し、素敵な時間を様々な方達と楽しみたい」と興奮しながら
感想を述べています。



上海国際映画祭には他にも、『引き出しの中のラブレター』で
主演した常盤貴子、『おにいちゃんのハナビ』の主演俳優
高良健吾、国本雅広監督等が出席しています。今月19日までの
期間中に、合計11本の作品が上映される予定です。



世界中の注目がサッカーのワールドカップに集まっている中、
ほかのイベントは軒並み低調が予想されていますが、
上海の国際映画祭は大いに盛り上がっているようですね。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000006-oric-movi
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024994
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4828410/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/403085/

ツイッターがエラー多発! 

ツイッターが調子が悪いですね。
ツイッター愛用者としては早く良くなって欲しいものです。



今月初旬から調子がおかしく、エラーが多発したTwitterですが、
この不具合について、Twitterの運営が内部ネットワークの
管理ミスだったことを明らかにしました。



こういったミスでどれ位の損害が出るんでしょうね?



今月5日ごろからエラーが多発、さらにパフォーマンスの低下など
が頻繁に発生していました。この原因について、Twitterでは、
「高帯域幅の重要なコンポーネントを内部ネットワークの同じ
セグメントに置いていた」「内部ネットワークの監視が
適切でなかった」「内部ネットワークの構成を一時的に
誤っていた」という3つのミスを挙げています。



この問題を改善するために、内部ネットワークのキャパシティを
増加させるとともに、監視を強化し、トラフィックのりバランス
も実施すると表明しました。



驚異的な利用者増加にともない、Twitterはトラフィックの
増大に対処してきましたが、さらなるキャパシティアップと
トラフィック増大が求められているようです。Twitterは今後、
ホスティング企業と協力して改善に取り組むことを
明言していますが、ワールドカップやオリンピックなど、
国際的なイベントが開催されている期間は、突発的な
トラフィック増加が原因で同様の不具合が発生することもあると
指摘しています。



それにしても、なぜTwitterでエラーが出ると「クジラ」の
絵が出るんでしょうか? 一説によると、エラーを意味する
Fail(フェイル)と、クジラのWhale(ホェール)の発音が
似ているからだと言われていますが、いずれにせよ、
ツイッターで盛り上がっている最中に、不具合が発生する
のだけはかんべんしてほしいところです。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000052-zdn_n-inet
ITメディアニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/14/news055.html
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4826427/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/403416/

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。