スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

いや~昨日のカメルーン戦はテレビに噛り付いて見てしまいました。
今日のニュースはカメルーン戦で持ちきりでしたね。



日本のサッカーファンのほとんどが、3連敗を覚悟していた
ワールドカップ南アフリカ大会で、日本代表が歴史的な勝利
収めました。



監督就任以来、ファンとメディアから徹底的に叩かれてきた岡田
監督ですが、初戦から見事な結果を出し、日本中が喜びと同時に
驚きに包まれているようです。




本番に至るまでとうとう戦術が決まりませんでしたが、
選手たちの自主的な組織プレーが功を奏したのか、貴重な白星を
獲得しました。



決勝点は、初めて1トップを任された本田圭佑選手でした。
前半39分、ゴール前で冷静にボールを押し込んで先取点を
あげ、後半も1点を死守して堂々の初勝利です。



選手たちの動きも最後まで衰えを見せず、つねに走り続けて
プレッシャーをかけ続けました。後半はフィジカルのパワーで
強引にボールをゴール前に集め続けてきたカメルーンでしたが、
ディフェンス陣が身体を張って懸命にボールをクリアし続け、
アフリカ最強といわれるカメルーンを完封。エト―も含めて
カメルーン選手たちの調子は万全ではないと言われて
いましたが、0点に抑えたのですから大したものです。



試合終了後のインタビューで、音声が入らないというハプニング
が発生しましたが、おそらく現場にいたスタッフも昂奮して
いたのではないでしょうか。現地まで応援に駆け付けたサポーター
達も、初戦から勝利を収めるという歴史的な快挙に立ち会って
昂奮しないわけがありませんよね。



岡田監督はワールドカップでの0勝監督という汚名を、早くも
返上したことになります。さらに、日本人監督として初めて
ワールドカップで勝利を挙げた監督として記録されることに
なりました。



今まで岡田監督を散々に叩いてきた日本のメディアですが、
初戦で最高の結果を出してしまった岡田監督の扱いを
どう変えていくのか、これからが楽しみですね。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100615-00000545-san-socc
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/403753/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4827547/

スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。