スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市原隼人が上海国際映画祭に出席 

最近では様々な所で映画祭が開催されていますね。
それほど映画人気があるという事なんでしょうね。


上海で開催中の第13回上海国際映画祭の正式イベントである
『2010上海・日本映画週間』に、俳優の市原隼人が
出席し、会場のファンを沸かせました。
このイベントはコスプレやアニメ、日本の伝統芸能なども幅広く
紹介される上海万博の関連イベント『ジャパンウィーク』の
一環だそうです。


海外でも日本映画は人気あるんですね!



このイベントに市原は、主演映画『猿ロックTHE MOVIE』の舞台
あいさつのため出席しましたが、舞台挨拶つきの上映チケットは
発売後30分で完売してしまったほどの人気だそうです。
さらに登壇した市原が北京語で「こんばんは。市原隼人です」と
あいさつしただけで、客席からは「おぉ~」というどよめきと
歓声がわく程の注目ぶりでした。人気があるようです。




熱狂的な歓迎を受けた市原は、「世界中で5人に1人は中国人。
中国の活気はとにかくすごい! 大勢の方に温かく迎えて
いただいてありがたいです。国境を越えて、世界の平和を
尊重し、素敵な時間を様々な方達と楽しみたい」と興奮しながら
感想を述べています。



上海国際映画祭には他にも、『引き出しの中のラブレター』で
主演した常盤貴子、『おにいちゃんのハナビ』の主演俳優
高良健吾、国本雅広監督等が出席しています。今月19日までの
期間中に、合計11本の作品が上映される予定です。



世界中の注目がサッカーのワールドカップに集まっている中、
ほかのイベントは軒並み低調が予想されていますが、
上海の国際映画祭は大いに盛り上がっているようですね。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000006-oric-movi
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024994
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4828410/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/403085/

スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。