スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・コーヴの出演者がPR活動の為、来日 

「ザ・コーヴ」の映画が日本を騒がせていますね。
これは日本にとってはあまり好ましくないニュースかもしれませんね^^;



つい先日、「ザ・コーヴ」を上映する渋谷の映画館が、抗議を
うけて上映中止に追い込まれたばかりですが、今度は映画の
出演者、それも作中でナビゲーターとして出演している
リック・オリバー氏が来日しました。来日の目的は映画の
PR活動のためですが、上映中止のタイミングが重なったため、
空港には多くの報道陣が詰めかけた模様です。


マスコミは視聴率などを上げる為なら話題性を常に追いますから。。。



日本ではすっかり「日本へのバッシング映画」という見られ方
をしてしまっている「ザ・コーヴ」ですが、成田に到着した
リック・オリバー氏は「日本バッシングの映画ではない」ことを
強調し、さらに「私は日本が大好きです」とも付け加えています。


でも映画の内容から見えると、どうしても批判的なものとして捕らえてしまう方も多いようですね。


欧米諸国では、日本のクジラ文化を感情的に批判する人がとても
多いのですが、その感情の延長線上で「ザ・コーヴ」が製作
されているのは明らかです。見てみたい日本人は多くいる
んでしょうが、見たい動機は、他の映画とは明らかに違う
のではないでしょうか。




この映画の最大の問題点は、「盗撮された映像」によって
成り立っていること。そして、製作サイドが盗撮の事実を
伏せて上映し、商業活動していること。盗撮された事実を
覆すことはできませんが、せめて盗撮した事実を世界に
公表して、興行の収益を太地町にも分配するとか、
そのくらいの誠意を見せてもいいですよね。




環境保護を訴えるのはとてもいいことですが、欧米人の
押しつけがましい価値観には辟易している人も多いはず。
相手の立場や価値観、考え方を尊重できない人には、
何を言っても理解してもらえないのでしょうね。





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100609-00000002-mvwalk-movi
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024887
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4815986/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/401305/

スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。