スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット選挙が先延ばしに・・・ 

選挙でもインターネットが活用される可能性がある事を知っていましたか?
私はつい最近知って、ちょっと驚きました。


こういった事をネットでやると、なんかセキュリティなどの問題が少し気になりますね。



今年の7月に行われる可能性が濃厚だといわれている参議院選挙
では、インターネットを使った選挙活動が解禁される見通し
でしたが、どうやら今回の選挙では見送りとなる可能性が
高そうです。



なんとなくですが、不正の温床になりそうな気もするので、
見送りになってよかったような気がするのは私だけでしょうか。。。


インターネットを使った選挙に関しては、珍しく与野党の合意が
すんなりと取り付けられていたので、解禁は時間の問題と
見られていましたが、思いがけない理由で法案の成立が先送りと
なってしまいました。公選法だけでなく、他の重要法案も足止め
を食った形になります。




衆院選でのネット選挙解禁を見据えて動き出していた多くの
立候補者は、大幅な予定の修正を余儀なくされそうです。
ブログツイッターで、自分の主張を伝えるための文章を準備
していた立候補者については、とても残念な結果になってしまい
ました。ただ、こうした立候補者の中には、国会空転の原因を
作り出している民主党議員もいることがなんとも皮肉です。



選挙活動もブログツイッターと時代の流れが変わってきていますね。




公選法が改変されてもネットで投票できるわけでは
ありませんが、選挙期間中に候補者がブログの更新やツイッター
メルマガなどで情報を発信することが解禁されれば、日本の
選挙が大きく変わると期待していた人には残念な結末でしたね。



でもこれが本当に良いのか謎ですね。。。
SEOやネットを活用出来る政治家が有利になる。

苦手な候補者は落選する可能性が高くなる。。。
本当に公平な選挙が出来るんでしょうか^^;



立候補者だけではなく、ネット選挙を見据えて活動していた
企業も大きな足止めを食ってしまいました。アメーバブログ
運営するサイバーエージェントでは、約80人もの政治家が
ブログを立ち上げており、選挙期間中に特設ページなどを開設
する予定があったそうですが、どうやら流れてしまいそうです。





政治家向けにブログツイッターの説明会を用意していた
業者も、儲け話がフイになってしまい、さぞ残念に思っている
ことでしょう。






【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100603-00000658-san-pol
ITメディアニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/03/news031.html
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4808019/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/399162/

スポンサーサイト

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。