スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガネ無しで3Dが楽しめる任天堂DS 

テレビの3Dをこの間、初体感して来ました。
最初はいいけど目が疲れてくる感じを感じてしまいました。



前々から噂になっていたニンテンドーDSの後継機種が、ついに
公開されました。



今回発表されたのは、専用メガネなしで3D映像が楽しめる
ニンテンドー3DS。収益が落ち始めている任天堂の業績を
一気に上向かせるための起爆剤として、満を持しての
発表となりました。



メガネ無しというのはすごいですね。
でも目がめちゃくちゃ疲れそうな気がするのは私だけでしょうか・・・



今までの3D映像は、専用のメガネをかけて楽しむのが一般的
でしたが、今回発表されたニンテンドー3DSは、裸眼で立体視
を楽しむことができるということで、開発の段階から大きな注目
を集めていました。



今月15日に、アメリカのロサンゼルスで開幕した世界最大規模
のゲーム見本市「E3」で、任天堂の社長・岩田聡氏が直々に
発表した3DSのスペックは、ゲームファンならずとも非常に
興味深いものがあるようです。




世界で1億2800万台以上を売り上げてきた大ヒット商品
「ニンテンドーDS」と同じく、折りたたみ方式の2画面構成
となる3DSは、上部の3.5型画面のみが3D映像対応画面
となっています。さらに、調節機能がついており、3D効果を
無効から最大まで調節できるのだとか。おまけに3D映画も
楽しめるようです。




本体にはレンズが2つついていて、このレンズで立体写真も
取れるそうで、さまざまな3Dが楽しめることができそうです。
ゲーム以外の付加価値が盛りだくさんですね。




気になる発売時期と価格ですが、今回の発表では発売情報は
公表されませんでした。価格も時期も未だ未定という
ことですが、発売に向けての準備は万全を期して行われている
ようです。3DSの発売と同時に、3D対応のゲームソフトが
発売されるとのこと。さらに、セガやカプコンなど、大手の
ゲームソフト会社が3DS対応のゲームを投入するとのことで
ハード発売と同時に大きな話題を呼ぶことは間違い
なさそうです。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100616-00000023-mai-bus_all
ITメディアニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/16/news016.html
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4829989/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/itbiz/404051/

スポンサーサイト

Googleでなつかしのパックマンが無料で楽しめる 

★こちらからなつかしのパックマンが楽しめます★


私も昔はよくやったパックマン。
あの単純さが楽しいゲームです。


あのシンプルさで人気ありましたからね。


ナムコの人気ゲーム「パックマン」が誕生から30年を迎えた
今年、30周年を記念して、グーグルのトップページに「パックマン」が登場しました。


実は私も一時期iGoogleでパックマンにしていましたw


グーグルのトップページにアクセスすると、グーグルのロゴを
ステージにしたパックマンのゲーム画面が登場し、好評を博しているようです。


私は偶然に使っていたんですが、人気があったようですね。


このゲームは、バンダイナムコゲームスの協力で作成された
そうで、誕生当時、アーケード版として人気を博したグラフィックやサウンド、
キャラデザインなどを忠実に再現した、非常に凝った作りになっているそうです。



画面が出現したら10秒待つか、検索ボタンの横に作られた
「Insert Coin」ボタンをクリックするとゲームがスタートします。
グーグルのトップページに設置されたゲームだけに
まだ見たことのない人はそうそういないとは思いますが、
いまだにプレイされたことのない方は、ぜひ一度、ゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。


私も久しぶりにちょっと楽しんじゃいました。


しかし、このゲームの出現が、大いなる損失を生んでいると
指摘する会社が出現しました。

時間管理ソフト会社の米RescueTimeが試算したところに
よると、ゲームが公開された初日のビジター数は、
なんと5億人以上。
平均滞在時間が36秒も増えたそうです。これをもとに計算すると、
ユーザーがパックマンの画面で遊んだ時間は合計で482万時間。
ユーザーコストを1時間25ドルとすると、
1億2000万ドルの生産性が奪われたことになる、ということらしいですが…。



時間は何事にも代え難いものがありますからね。
時間=お金という考え方もありますから。。。



当初の予定では2日間限定で公開される予定だったそうですが、
あまりの人気ぶりに公開は延長されることになったそうです。
あまり野暮なことを考えず、懐かしいパックマンで
楽しみたいものです。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100526-00000031-zdn_n-inet
ITメディアニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/26/news039.html
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4790494/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/394829/

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。