スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塚本監督の自主制作映画の鉄男が高評価! 

『鉄男』が注目を浴びていますね。
この間注目されていた実在する、ツリーマンを思い出しました。



主人公はアメリカ人、舞台は東京、そしてセリフは全編英語
という異色の映画 「鉄男 THE BULLET MAN」が
大きな注目を集めています。



人間の体が鉄の細胞に侵されていくという異色のストーリーが
話題の 「鉄男 THE BULLET MAN」は、監督の塚本晋也氏が
自主制作で作り上げた力作で、平成元年に発表された「鉄男」
の続編第3弾です。




平成元年に初めて上映された「鉄男」は、16ミリカメラと
少数精鋭のスタッフで撮影した手作り感あふれる映画でしたが、
その年のローマ国際ファンタスティック映画祭のグランプリを
受賞して、大変な注目を集めた話題作です。




今回上映されている 「鉄男 THE BULLET MAN」は最初、
ハリウッドからのオファーをもとに製作がスタートした
とのことですが、「アメリカのプロデューサーから
『どうして鉄になるのか分からない』と言われた」そうで、
結局、塚本監督の自主製作映画として完成しました。




昨今の映画は3D映像とCGが当たり前のようになっていますが
塚本監督はアナログ手法にこだわりつつ、CGを超える
臨場感にあふれた表現を実現しています。
「3Dは使っていないけど、“体感度”では『アバター』に
負けていない」と自負する塚本監督の自信作だけあって、
海外では高い評価を得ているようですね。



3Dを使わない方が、私的には良いような気がするんですが。。。



現在、「鉄男 THE BULLET MAN」はアスミック・エースの配給で
公開中ですが、秘蔵のメイキング映像が公式サイトで公開
されており、この映像の奇抜さと迫力が大きな関心を
持たれています。塚本監督のこだわりと美意識、表現への
追及が凝縮された「鉄男 THE BULLET MAN」、まずはメイキング
映像を見て、その魅力に触れてみてはいかがでしょうか?





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000039-san-ent
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024029
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4820095/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/403827/

スポンサーサイト

市原隼人が上海国際映画祭に出席 

最近では様々な所で映画祭が開催されていますね。
それほど映画人気があるという事なんでしょうね。


上海で開催中の第13回上海国際映画祭の正式イベントである
『2010上海・日本映画週間』に、俳優の市原隼人が
出席し、会場のファンを沸かせました。
このイベントはコスプレやアニメ、日本の伝統芸能なども幅広く
紹介される上海万博の関連イベント『ジャパンウィーク』の
一環だそうです。


海外でも日本映画は人気あるんですね!



このイベントに市原は、主演映画『猿ロックTHE MOVIE』の舞台
あいさつのため出席しましたが、舞台挨拶つきの上映チケットは
発売後30分で完売してしまったほどの人気だそうです。
さらに登壇した市原が北京語で「こんばんは。市原隼人です」と
あいさつしただけで、客席からは「おぉ~」というどよめきと
歓声がわく程の注目ぶりでした。人気があるようです。




熱狂的な歓迎を受けた市原は、「世界中で5人に1人は中国人。
中国の活気はとにかくすごい! 大勢の方に温かく迎えて
いただいてありがたいです。国境を越えて、世界の平和を
尊重し、素敵な時間を様々な方達と楽しみたい」と興奮しながら
感想を述べています。



上海国際映画祭には他にも、『引き出しの中のラブレター』で
主演した常盤貴子、『おにいちゃんのハナビ』の主演俳優
高良健吾、国本雅広監督等が出席しています。今月19日までの
期間中に、合計11本の作品が上映される予定です。



世界中の注目がサッカーのワールドカップに集まっている中、
ほかのイベントは軒並み低調が予想されていますが、
上海の国際映画祭は大いに盛り上がっているようですね。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000006-oric-movi
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024994
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4828410/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/403085/

アントニオ猪木が主演映画挨拶で涙・・・ 

アントニオ猪木が主演する映画「ACACIA」が注目を浴びています。
猪木が演じれるのかちょっと疑問を感じてしまうのは私だけでしょうか。。。


アントニオ猪木が主演した映画「ACACIA」が、ついに
6月12日に上映開始となりました。舞台あいさつで、猪木が
なんと男泣きをみせ、またまた注目を浴びてしまったのが
この「ACACIA」です。



アントニオ猪木がまだ元気なころに、この映画が上映されて
いたら、単なる色物的な映画と勘違いされて終わっていたかも
しれません。元気なころの猪木はそれくらい、ハチャメチャな
印象がありました。



しかし、この映画では、初老を迎え、肉体の衰えをありありと
感じさせるアントニオ猪木が、老人の役で主役を張っています。
元気だったころのアントニオ猪木が大好きな人には複雑な
思いがよぎる映画かもしれませんが、作中では、見事な演技を
見せてくれるとのこと。泣ける映画として早くも注目を
浴びています。



映画「ACACIA」は、老人だらけの団地で静かな余生を送る
元覆面プロレスラーの大魔神(アントニオ猪木)と、
母親に置き去りにされたタクロウ(林凌雅)という少年が出会い、
交流を深めていくというストーリー。2人は親子のようにくらし
始め、やがて本当の家族との再会を果たし、過去の痛みを
乗り越えていく感動物語です。




舞台となったのは函館の港町で、全カットが函館で撮影された
ものだと言います。夜景や朝市など、観光シーンで見慣れた
函館の風景とは少しちがう、物悲しい風景も見どころの1つ
と言えるでしょう。出演はほかに石田えり、北村一輝、
坂井真紀、河津祐介。主題歌は、「Every Little
Thing」のボーカル、持田香織が担当しています。



辻仁成監督の映画「ACACIA」、ぜひ劇場で見てみたい
ものです。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100613-00000002-mantan-ent
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024885
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4824173/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/402897/

第2次大戦の悲劇を語る『ザ・パシフィック』 

『ザ・パシフィック』が映画ファンの中では注目されていますね。
実は私も気になっている映画の一つなんです。



太平洋戦争を舞台に、アメリカ海兵隊が日本兵や民間人に
行った残虐行為をリアルに描写した映画『ザ・パシフィック』が、
太平洋戦争で戦場となった沖縄で上映されることになりました。


これは歴史的に考えてもすごい事ですね。



『ザ・パシフィック』は、3人のアメリカ海兵隊員を中心に
ストーリーが展開されますが、内容はアメリカ人が作ったとは
思えないと多くの話題を呼んでいます。



これまで、アメリカで製作された戦争映画は、アメリカ、もしくは
アメリカ兵を賛美する内容や描写がほとんどなのですが、この映画
は、アメリカ兵が行った残虐行為を、非常に客観的に表現して
います。



アメリカ兵にとって、日本兵は夜襲、奇襲が得意で不利になっても
降伏しない、最後まで抵抗する恐ろしい存在だったそうで、
その恐怖感の裏返しが、残虐行為として発露する経緯を見事に
表現していると評判です。



こういった表現はアメリカの国策としても、アメリカの国民感情
に照らし合わせてもNGのはずなんですが、なんとこの映画を率先
して製作したのはスティーブン・スピルバーグとトム・ハンクス
というから驚きですね。2人ともハリウッドの大物中の大物です。




戦争が人間をどれだけ狂わせ、人間性を奪ってしまうのかという
悲劇が物語のテーマであるうえ、アメリカ人が作ったということ
も非常に意義がある作品のようです。ただし、現在も基地問題で
紛糾し、未だに戦争の傷跡が生々しい沖縄で上映されることは、
はたしてどんな反響を呼ぶのでしょうか。基地問題をこじらせる
程の反響を呼んでしまわないか、少し心配ではあります。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000029-flix-movi
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024946
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4820255/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/375720/

ついにハリー・ポッターが完結!! 

ハリー・ポッターの映画を久しぶりに見た所でした。
そんな中、次回で完結編というニュースでしたw


原作も映画も世界的な大ヒットとなっているファンタジー映画
「ハリー・ポッター」も、いよいよ完結編を迎えることに
なりました。


なんたってもう6作品もあるんですからね。



これまでに上映された過去6作品は、すべてが世界中で大ヒット
を収めています。興行収入の全世界合計は、なんと795億円。
日本でもテレビで放送されたり、レンタルビデオ店で常に
貸し出し中だったりと、人気は凄まじいものがありますね。
完結編2部作が3Dになることで、過去の作品の人気も再燃
することは間違いないでしょう。




完結編のタイトルは「ハリー・ポッターと死の秘宝」で
前編と後編にわかれる2部作となる予定です。
前編は今年の11月19日、後編は来年の6月10日に上映を
予定しており、早くも注目を集めています。




もっとも、最大の注目を集めているのは、3D映画として上映
されるという情報でしょう。映画「アバター」以来、興行収入
の記録を塗り替え続けている3D映画ですが、ハリーポッターが
3Dで見ることができたらと思うとワクワクしますね。
ただでさえCGを多用して迫力あるシーンが多いのに、それらが
3Dで見れると思えば、ハリーポッターファンでなくても、
とりあえず劇場に足を運ぶ価値はありそうです。




主人公のハリーもロンも、ハーマイオニーも、劇中では17歳
という設定ですが、やっぱり無理がありすぎます。欧米人は
ただでさえ大人っぽく見えますから、まさに今回の作品が
ハリーポッターの締めくくりとなるでしょう。撮影は間もなく
クランクアップを迎えるそうですが、はたしてどこまで子供っぽく
振舞えるのか、3人には大いに期待したいところです。





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/harry_potter/?1276123153
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024915
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4818296/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/401592/

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。