スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の食べ物が海外で人気? 

人間って無いものねだりをする生き物ですね。
いつでも手に入るようなものはあまり欲しくならないんですよね^^;


今アメリカで、日本の味が大人気を呼んでいるそうです。
今までも寿司や天ぷらなどの日本食が一定の人気を博して
いましたが、最近は調味料やお菓子など、日本人の味覚に合った
食品や調味料自体が人気になっているそうです。


これも自国の食べ物に少し飽きてきているというのもあるのではないでしょうか?



日本テイストの口火を切ったのは、キューピーのマヨネーズです。
アメリカにいてもアマゾンのサイトで気軽に購入できるように
なってからは大変な勢いで人気が広がっているそうで、購入者の
評価欄も、満点の5つ星がほとんどです。



マヨネーズは最高においしいですからね。
海外でも人気なんですね。

というより、私・・・
マヨネーズは日本のものと海外のものが味が違うとは知らなかったです。。。



欧米のマヨネーズは全卵を使って作るので、さっぱりした
味わいが特徴のようです。日本のマヨネーズは卵黄のみ使用して濃厚な
味わい。酸味と塩気のバランスが絶妙で、大抵の食べ物につけて
おいしいですよね。さらに欧米のマヨネーズは瓶に詰めて
販売されることが多く、スプーンですくって使用する手間が
日本のマヨネーズでは省かれているのも人気が出た一因の
ようです。



さらに明治製菓の「キノコの山」も大人気といいます。
「チョコルーム」と名を変え、包装も赤と白を基調にした
大人びたパッケージで販売されています。日本でもキノコの山
は人気で、お菓子以外にも入浴剤などのモチーフとして人気に
なっていますが、まさかこれほどアメリカで、日本の味が
受け入れられるとは、明治製菓もキューピーも思っていなかった
のではないでしょうか。



ほかにも「S&B」の七味唐辛子や、「ブルドックソース」の
とんかつソースなど、日本の調味料は手に入れやすさも相まって
人気が出ているようです。日本人の味覚がアメリカだけでなく
世界中で受け入れてもらえれば、それは日本人としてとても
嬉しいことですね。


こういった人気も景気回復のきっかけになるといいですね。



【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000508-san-soci
ITメディアニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/10/news022.html
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4724098/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/401581/

スポンサーサイト

アメリカで人気アイドルに逮捕状? 





アメリカで人気アイドルに逮捕状が出たようです。
日本でもSMAPの草なぎ君の逮捕やノリピーの逮捕が記憶に新しいですね。


アイドルの逮捕は日本だけの話ではないようですね。


アメリカで2003年に大ヒットしたコメディ映画
「フォーチュンクッキー」主演のアメリカの人気アイドル、
リンジー・ローハンに、逮捕状が出ていることが明らかになりました。


しかも、今回の逮捕劇はちょっと変わっているんですよw


リンジーは2007年にも飲酒運転で事故を起こしていますが、
この審問が今月の20日に予定されていました。

リンジーの予定では、フランスで開催されているカンヌ国際映画祭に出席した後、
18日の便でアメリカに帰国後、審問に出席する予定でした。
ところが、飛行機に乗る直前の空港でパスポートを紛失していることが発覚、審問が開催される
20日までに、アメリカに戻れることはほぼ絶望的になってしまったのです。


こんなうっかりミスが逮捕に繋がる可能性があるのです!!


審問を行う裁判所側は、リンジーが20日の審問に出席しない場合、
逮捕状を出すと公言しています。

リンジーの弁護士によれば、アメリカ大使館に連絡をとってもらったのち、
21日には帰国できる予定だそうですが、
審問欠席の事実は覆らず、逮捕状を出されてしまいました。
保釈金は10万ドルだそうです。


パスポートを無くして10万ドルは高すぎる代償ですね。。。


リンジーの弁護士は裁判官に事情を説明し、何とか逮捕状を出さないようにと働きかけたようですが、
「行動は言葉より雄弁だ」とばっさり切り捨てられ、
言い分を認めてもらう事は出来なかったと言います。



保釈が認められた場合は、逮捕と引き換えに自由を束縛されます。
アルコールの摂取は禁止され、所在を知らせるブレスレットの
着用義務が生じ、毎週無作為に行われる薬物検査にも応じなければ
なりません。



自由奔放なイメージで、人気アイドルの座を守り続けてきた
リンジーですが、今回ばかりは厳しい状況に陥ってしまった
ようです。


Yahoo!ニュース
シネマトゥデイニュース
ライブドアニュース
イザ!ニュース

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。