スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の宇宙探索機のはやぶさが帰還! 

ニュースでは「はやぶさ」の帰還が騒がれていますね。
日本の宇宙探索の重要な役目を果たしているんでしょうね。


地球を離れて3億キロのかなたにある小惑星へ向かい、
60億キロを飛び続け、7年かけてようやく「はやぶさ」が
帰還しました。



途中、燃料漏れが原因で制御不能に陥った「はやぶさ」ですが、
奇跡的に復旧し、3年遅れで地球に帰還しました。
予定より3年も運用した電池やエンジンは劣化が激しく、最後の
最後まで日本中がハラハラしましたが、インド上空の
7万4000キロメートル上空で採取したカプぜルを分離し、
その後オーストラリア上空で大気圏に突入した模様です。
人類史上初となる、月より遠い宇宙へ旅立って帰還した
宇宙探査機「はやぶさ」は海外でも注目されているようです。



あの中国でさえ、「はやぶさ」の帰還をを不死鳥と讃えて
報道しているのですから、いかにインパクトがあったかが
わかります。


はやぶさ」は世界的にも大きな影響があるん出来事なんでしょうね!


3年以上のオーバーワークを、それもメンテナンスのできない
宇宙で耐え抜いた日本の技術力に注目が集まるのは当然ですが、
それよりも、逆境に耐え抜いて目標を達成し、凱旋を果たした
部分に感情移入して、大きな関心を寄せている人も多いようです。
たしかに、「はやぶさ」が果たした奇跡の生還は、
日本人ならだれでもグッときてしまうような展開でしたね。
そういえば、月面探査機の「かぐや」も、運用を終えた最後に
月面へと墜落したときに多くの人の涙を誘いました。



インド上空で切り離した小惑星のサンプルは、オーストラリア
に落下し、無事JAXAに回収されたそうです。「はやぶさ」が
地球に持ち帰ったサンプルの分析結果が待ち遠しいですね。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000031-scn-kr
ITメディアニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/14/news031.html
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4825517/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/403310/

スポンサーサイト

マクドナルドのドナルドが引退!? 

マクドナルドのキャラクターと言えばドナルドですね。
最近では、あまりキャラクターとしては目立ってないけど、
でもやっぱり昔からの愛着がありますね。

でもそんなドナルドが引退の危機のようだ。。。


日本で一番成功している外食チェーンといって過言ではない、
マクドナルドのキャラクター「ドナルド」が、本場のアメリカ
で槍玉に挙げられています。

アメリカの企業監視団体は、ドナルドを「世界中の子供たちを
肥満に導く笛吹き男だ」と批判しました。


なんというひどい言われようなんだろう…
なら食べなきゃいいのに…


栄養のバランスをまったく配慮せず、そのうえ高カロリーな
マックのメニューは、子供のころから慣れ親しむと一生涯
忘れられない味になるとよく言われています。子供たちに不健康
な食生活を浸透させてしまうことを指摘しているようです。


それを言い出したら、レトルト食品だってなんだって同じような気もするんだけど。。。


しかし、マック側はこの指摘を否定しています。米マクドナルド
のジム・スキナーCEOは、株主ミーティングの席で「答えはノー
だ。彼(ドナルド)は善きもの(a force for good)であり、
子供たちとその家族に対してバランスが取れた食生活を効果的に
提案している」と答えたそうです。




立場的に、ジム・スキナーCEOがドナルドを擁護するのは
当たり前なんですが、はたして、バランスのとれた食生活を
効果的に提案しているかと言われれば、正直、それは
ありえませんね。マックのメニューは高カロリーなうえ、
栄養のバランスはまったく考慮されていませんからね。




契約とか自己責任が重んじられるアメリカであれば、肥満に
ならないよう、自分で食生活をコントロールするのが
一番いいのではないでしょうか。子供が肥満になって
困るのならば、親がちゃんとしたものを食べさせれば
いいだけの話なんですけどね。安いし、手軽だし、食べさせれば
喜ぶし、その辺がマックの繁盛する理由なんでしょうか。

健康にいいか悪いかはともかく、マクドナルドの子供を狙った
戦略は見事に成功を収めているようです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100526-00000033-zdn_n-inet
ITメディアニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/26/news043.html
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4791058/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/other/394694/

楽天がBuy.com買収でアメリカへ進出 

ネットショッピングといえば、楽天という人も多いですよね!?

日本最大のインターネットショッピングモール「楽天市場」で
有名な三木谷社長率いる楽天株式会社がBay.comを買収し、
アメリカへ進出することになりました。



日本国内で積極的なM&Aを繰り返してきた楽天ですが、
アメリカ進出の第一歩はやはり法人の買収でした。

さすが、三木谷社長はやり手ですね。


アメリカのインターネット通販事業のバイ・ドット・コム社を買収し、
世界最大のマーケットであるアメリカでネットビジネスを展開します。

楽天に買収されることになったバイ・ドット・コム社は、
アメリカを中心に役1400万人の顧客基盤を持っていると
言われ、最近では楽天のように、インターネットショッピング
モールの運営も手掛けていました。

さすがに日本とアメリカでは顧客の規模も違いますね!!


この会社をグループ傘下へ収めることで、
楽天は日米間でさまざまな商品を交互供給することになります。


これで日本の楽天ショッピングも活発になるといいですね!

楽天の三木谷社長は、「10カ国を目標に海外展開を加速させたい」と、
2010年の成長戦略方針を打ち出しており
今回の買収劇はその戦略の一環といえるでしょう。
楽天は世界進出をすでに明確に打ち出しており、2010年を
「真の世界企業への脱皮の1年」と位置づけています。


楽天が世界で活躍する日も近そうですね。


それにしても、今年中に10カ国に事業展開するとは、
さすが楽天といったところでしょうか。
でも、なんか実現してくれそうですね。

しかしすでに楽天は、台湾やタイでネット通販事業を展開して
おり、中国でも、検索最大手の「百度(バイドゥ)」と提携を
結び、事業展開の準備を始めています。楽天の世界進出は、
これから先、どんどん加速していくことは確かなようです。


これからが楽しみです。
楽天が活躍する事によって、日本の経済にも良い影響か出ることを願いたいものです。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
ライブドアニュースニュース
イザ!ニュース
ITメディアニュース

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。