スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleでなつかしのパックマンが無料で楽しめる 

★こちらからなつかしのパックマンが楽しめます★


私も昔はよくやったパックマン。
あの単純さが楽しいゲームです。


あのシンプルさで人気ありましたからね。


ナムコの人気ゲーム「パックマン」が誕生から30年を迎えた
今年、30周年を記念して、グーグルのトップページに「パックマン」が登場しました。


実は私も一時期iGoogleでパックマンにしていましたw


グーグルのトップページにアクセスすると、グーグルのロゴを
ステージにしたパックマンのゲーム画面が登場し、好評を博しているようです。


私は偶然に使っていたんですが、人気があったようですね。


このゲームは、バンダイナムコゲームスの協力で作成された
そうで、誕生当時、アーケード版として人気を博したグラフィックやサウンド、
キャラデザインなどを忠実に再現した、非常に凝った作りになっているそうです。



画面が出現したら10秒待つか、検索ボタンの横に作られた
「Insert Coin」ボタンをクリックするとゲームがスタートします。
グーグルのトップページに設置されたゲームだけに
まだ見たことのない人はそうそういないとは思いますが、
いまだにプレイされたことのない方は、ぜひ一度、ゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。


私も久しぶりにちょっと楽しんじゃいました。


しかし、このゲームの出現が、大いなる損失を生んでいると
指摘する会社が出現しました。

時間管理ソフト会社の米RescueTimeが試算したところに
よると、ゲームが公開された初日のビジター数は、
なんと5億人以上。
平均滞在時間が36秒も増えたそうです。これをもとに計算すると、
ユーザーがパックマンの画面で遊んだ時間は合計で482万時間。
ユーザーコストを1時間25ドルとすると、
1億2000万ドルの生産性が奪われたことになる、ということらしいですが…。



時間は何事にも代え難いものがありますからね。
時間=お金という考え方もありますから。。。



当初の予定では2日間限定で公開される予定だったそうですが、
あまりの人気ぶりに公開は延長されることになったそうです。
あまり野暮なことを考えず、懐かしいパックマンで
楽しみたいものです。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100526-00000031-zdn_n-inet
ITメディアニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1005/26/news039.html
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4790494/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/394829/

スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。