スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田JAPANがイングランドに善戦! 

岡田JAPANがあの韓国戦から復活!
あの韓国戦を見た方は、今回のワールドカップはダメだと諦めムードの方も多かったのではないでしょうか!?

しかし、岡田JAPANがイングランド戦で善戦して、明るい兆しが見えました。




いよいよワールドカップまで待ったなしの状態、直前の調整試合
も、ワールドカップを見据えて激しさを増してきました。




この本番直前の状態では、どこのチームだって、あくまでも本番前
の調整と考えて全力のプレーを披露することはないはずなんですが
日本代表に限っては、そんなことは言ってられない様子がひしひし
と伝わってくる試合でした。


調整なんて事を言ってられない位のプレッシャーだったと思います。
韓国戦で不甲斐ない試合をしただけに選手たちも本気モード。



5月30日、オーストリアのグラーツで行われたイングランドとの
練習試合では、日本代表のメンバーが泥臭い、必死のプレーを
見せてくれました。相手は優勝候補に数えられているイングランド
でしたが、結果は1対2。完全に競り勝ってボールを支配した
場面もあっただけに、今回の試合ぶりには日本のサッカーファンも
少しは納得できたようです。




取られた2点は、いずれもオウンゴール、自殺点だったことが
印象的でした。もし自殺点がなかったら、ひょっとして勝っていた
かもしれない試合内容です。ディフェンスの要である中澤、闘莉王
がそれぞれ1点づつのオウンゴール。どうにもしまらないといえば
それまでですが、あきらかに最近の日本代表とは雰囲気の違う
試合ぶりに、多くのファンが納得しています。


あの試合をして、ワールドカップで負けたのであれば納得いく方も多いと思います。
今までの日本は守って負けていたという印象が強い気がしますからね。。。



圧巻だったのは闘莉王のダイビングヘッドでした。鬼気迫る迫力で
ボールに食らいついた闘莉王の泥臭さ、必死さが、他のメンバー
にも伝播していくといいですね。


岡田監督も闘莉王の復活が大きいと話していると言いますからね。
DFでも攻撃でも活躍する闘莉王は岡田JAPANにとって要とも言える選手のようですね。



結果は負けでも、イングランド相手に先制したこの日の日本代表
は、途中まで「勝ってしまうかも」と思わせるほどだったのが
本当に収穫だったと思います。後半はみんな運動量が落ちて
いましたが、これでなんとか、本番に期待をつなぐことができ
そうです。





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000002-sph-socc
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/397754/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4801790/

スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。