スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原監督期待の育成選手がデビュー決定! 

夏が近づいて来て、野球がどんどん面白みをまして来ていますね。
まだ、今年は試合観戦に行っていませんが、夏までに行きたいと思います。

あのビールを片手に試合観戦だけは最高ですからね!



さて、巨人の育成選手の一人、黄志龍投手(21)が、9日開催の
オリックス戦に登板することが明らかになりました。




読売ジャイアンツといえば、豊富な資金にものをいわせ、
各チームから有力選手を引き抜き、世界中から有力選手を集める
手法が有名です。現在もそのやり方は全く変わっていませんが、
自前で有望選手を育成するシステムも作り上げていることは
意外と知られていないようです。


どうしても巨人というと、有名選手の獲得に目がいきやすいですからね。


今回登板が決まったのは台湾出身の黄志龍投手で、150キロ
以上の速球を投げる本格派です。イースタンリーグでは防御率
1.54をマークし、球の切れと重さは超一級品と言われる
大器。どんな活躍をしてくれるのか楽しみです。



注目の背番号は97番。むかしの巨人で衝撃的な活躍をした
アジアの大砲・呂明賜と同じ背番号です。出身も同じ台湾
ですから、原監督の期待の高さがうかがえますね。



育成選手が初登板で勝利を飾ると、史上初の快挙となります。
しかし、この球速でスライダー、シュート、フォークを
高レベルで投げられる黄志龍投手なら、快挙を成し遂げる可能性
は充分にあるのではないでしょうか。




だだし気がかりなのは、相手がオリックスだという点でしょう。
先日も10人連続安打という快挙を成し遂げて、オリックスの
打線は現在絶好調です。果たしてオリックス打線をバッサリと
切り捨てられるのか、それともメッタ打ちにされてプロの洗礼
を浴びるのか。黄志龍投手の初登板に多くのファンが
注目しています。





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100608-00000274-sph-base
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/npb/401251/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4816021/

スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。