スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天マー君が今期8勝目!! 

楽天マー君の快進撃が続いています。
本当に高校卒業後からずっと活躍していてすごいですね。


楽天はマー君無しでは語れないと言える位ですからね。。。



シーズンの開幕戦を見ている限り、今季は絶望的かもしれないと
思わせてくれた楽天ゴールデンイーグルスが、いつの間にか借金
を1まで減らして大健闘を見せていました。おまけに、交流戦も
このままいけば、ひょっとして優勝してしまうかもしれません。
いつの間にか絶好調の楽天です。




快進撃の原動力は、何といっても田中将大投手でしょう。
ピンチになっても崩れないメンタルの強さを発揮して、現在
ハーラートップタイの8勝目を挙げています。




8勝目を挙げたのは6月6日に行われた巨人との交流戦です。
直球のスピードが150キロを超えず、調子はいまひとつかと
思われましたが、味方打線の援護をもらって4対10の圧勝。
初回、中村紀の2ランで先制点を先制したものの、その裏に
阿部の3ランで逆転されてしまいましたが、ここから切り替える
ことができるのが田中投手の強さなんでしょう。




巨人打線のパワーを認めつつ、それまで内角への配球メインで
勝負していたのが、中と外へ球を散らして巨人打線をピタリと
抑えつけました。今季の田中選手の被安打96は12球団の
ワーストですが、それでも防御率2.59という好成績を
維持しているのはすごいと言うほかありません。




これで田中投手は8勝目、ここ4登板で4連勝です。今年は
タイトルの1つやふたつとってもおかしくないような貫録が
出てきましたね。



まだ21歳、これからどんどん勝星を積み上げて、球史に残る
大投手になってほしいものです。


また、来年には同期の早稲田の斉藤投手もプロ野球入りしてくるでしょうから、
二人の対戦もすごく楽しみですね。


プロで大きくなった田中投手のすごさというのを見せ付けてほしいですね。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100606-00000277-sph-base
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/npb/400388/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4812031/

スポンサーサイト

楽天がBuy.com買収でアメリカへ進出 

ネットショッピングといえば、楽天という人も多いですよね!?

日本最大のインターネットショッピングモール「楽天市場」で
有名な三木谷社長率いる楽天株式会社がBay.comを買収し、
アメリカへ進出することになりました。



日本国内で積極的なM&Aを繰り返してきた楽天ですが、
アメリカ進出の第一歩はやはり法人の買収でした。

さすが、三木谷社長はやり手ですね。


アメリカのインターネット通販事業のバイ・ドット・コム社を買収し、
世界最大のマーケットであるアメリカでネットビジネスを展開します。

楽天に買収されることになったバイ・ドット・コム社は、
アメリカを中心に役1400万人の顧客基盤を持っていると
言われ、最近では楽天のように、インターネットショッピング
モールの運営も手掛けていました。

さすがに日本とアメリカでは顧客の規模も違いますね!!


この会社をグループ傘下へ収めることで、
楽天は日米間でさまざまな商品を交互供給することになります。


これで日本の楽天ショッピングも活発になるといいですね!

楽天の三木谷社長は、「10カ国を目標に海外展開を加速させたい」と、
2010年の成長戦略方針を打ち出しており
今回の買収劇はその戦略の一環といえるでしょう。
楽天は世界進出をすでに明確に打ち出しており、2010年を
「真の世界企業への脱皮の1年」と位置づけています。


楽天が世界で活躍する日も近そうですね。


それにしても、今年中に10カ国に事業展開するとは、
さすが楽天といったところでしょうか。
でも、なんか実現してくれそうですね。

しかしすでに楽天は、台湾やタイでネット通販事業を展開して
おり、中国でも、検索最大手の「百度(バイドゥ)」と提携を
結び、事業展開の準備を始めています。楽天の世界進出は、
これから先、どんどん加速していくことは確かなようです。


これからが楽しみです。
楽天が活躍する事によって、日本の経済にも良い影響か出ることを願いたいものです。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
ライブドアニュースニュース
イザ!ニュース
ITメディアニュース

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。