スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2次大戦の悲劇を語る『ザ・パシフィック』 

『ザ・パシフィック』が映画ファンの中では注目されていますね。
実は私も気になっている映画の一つなんです。



太平洋戦争を舞台に、アメリカ海兵隊が日本兵や民間人に
行った残虐行為をリアルに描写した映画『ザ・パシフィック』が、
太平洋戦争で戦場となった沖縄で上映されることになりました。


これは歴史的に考えてもすごい事ですね。



『ザ・パシフィック』は、3人のアメリカ海兵隊員を中心に
ストーリーが展開されますが、内容はアメリカ人が作ったとは
思えないと多くの話題を呼んでいます。



これまで、アメリカで製作された戦争映画は、アメリカ、もしくは
アメリカ兵を賛美する内容や描写がほとんどなのですが、この映画
は、アメリカ兵が行った残虐行為を、非常に客観的に表現して
います。



アメリカ兵にとって、日本兵は夜襲、奇襲が得意で不利になっても
降伏しない、最後まで抵抗する恐ろしい存在だったそうで、
その恐怖感の裏返しが、残虐行為として発露する経緯を見事に
表現していると評判です。



こういった表現はアメリカの国策としても、アメリカの国民感情
に照らし合わせてもNGのはずなんですが、なんとこの映画を率先
して製作したのはスティーブン・スピルバーグとトム・ハンクス
というから驚きですね。2人ともハリウッドの大物中の大物です。




戦争が人間をどれだけ狂わせ、人間性を奪ってしまうのかという
悲劇が物語のテーマであるうえ、アメリカ人が作ったということ
も非常に意義がある作品のようです。ただし、現在も基地問題で
紛糾し、未だに戦争の傷跡が生々しい沖縄で上映されることは、
はたしてどんな反響を呼ぶのでしょうか。基地問題をこじらせる
程の反響を呼んでしまわないか、少し心配ではあります。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000029-flix-movi
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024946
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4820255/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/375720/

スポンサーサイト

ついにハリー・ポッターが完結!! 

ハリー・ポッターの映画を久しぶりに見た所でした。
そんな中、次回で完結編というニュースでしたw


原作も映画も世界的な大ヒットとなっているファンタジー映画
「ハリー・ポッター」も、いよいよ完結編を迎えることに
なりました。


なんたってもう6作品もあるんですからね。



これまでに上映された過去6作品は、すべてが世界中で大ヒット
を収めています。興行収入の全世界合計は、なんと795億円。
日本でもテレビで放送されたり、レンタルビデオ店で常に
貸し出し中だったりと、人気は凄まじいものがありますね。
完結編2部作が3Dになることで、過去の作品の人気も再燃
することは間違いないでしょう。




完結編のタイトルは「ハリー・ポッターと死の秘宝」で
前編と後編にわかれる2部作となる予定です。
前編は今年の11月19日、後編は来年の6月10日に上映を
予定しており、早くも注目を集めています。




もっとも、最大の注目を集めているのは、3D映画として上映
されるという情報でしょう。映画「アバター」以来、興行収入
の記録を塗り替え続けている3D映画ですが、ハリーポッターが
3Dで見ることができたらと思うとワクワクしますね。
ただでさえCGを多用して迫力あるシーンが多いのに、それらが
3Dで見れると思えば、ハリーポッターファンでなくても、
とりあえず劇場に足を運ぶ価値はありそうです。




主人公のハリーもロンも、ハーマイオニーも、劇中では17歳
という設定ですが、やっぱり無理がありすぎます。欧米人は
ただでさえ大人っぽく見えますから、まさに今回の作品が
ハリーポッターの締めくくりとなるでしょう。撮影は間もなく
クランクアップを迎えるそうですが、はたしてどこまで子供っぽく
振舞えるのか、3人には大いに期待したいところです。





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/harry_potter/?1276123153
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024915
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4818296/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/401592/

ザ・コーヴの出演者がPR活動の為、来日 

「ザ・コーヴ」の映画が日本を騒がせていますね。
これは日本にとってはあまり好ましくないニュースかもしれませんね^^;



つい先日、「ザ・コーヴ」を上映する渋谷の映画館が、抗議を
うけて上映中止に追い込まれたばかりですが、今度は映画の
出演者、それも作中でナビゲーターとして出演している
リック・オリバー氏が来日しました。来日の目的は映画の
PR活動のためですが、上映中止のタイミングが重なったため、
空港には多くの報道陣が詰めかけた模様です。


マスコミは視聴率などを上げる為なら話題性を常に追いますから。。。



日本ではすっかり「日本へのバッシング映画」という見られ方
をしてしまっている「ザ・コーヴ」ですが、成田に到着した
リック・オリバー氏は「日本バッシングの映画ではない」ことを
強調し、さらに「私は日本が大好きです」とも付け加えています。


でも映画の内容から見えると、どうしても批判的なものとして捕らえてしまう方も多いようですね。


欧米諸国では、日本のクジラ文化を感情的に批判する人がとても
多いのですが、その感情の延長線上で「ザ・コーヴ」が製作
されているのは明らかです。見てみたい日本人は多くいる
んでしょうが、見たい動機は、他の映画とは明らかに違う
のではないでしょうか。




この映画の最大の問題点は、「盗撮された映像」によって
成り立っていること。そして、製作サイドが盗撮の事実を
伏せて上映し、商業活動していること。盗撮された事実を
覆すことはできませんが、せめて盗撮した事実を世界に
公表して、興行の収益を太地町にも分配するとか、
そのくらいの誠意を見せてもいいですよね。




環境保護を訴えるのはとてもいいことですが、欧米人の
押しつけがましい価値観には辟易している人も多いはず。
相手の立場や価値観、考え方を尊重できない人には、
何を言っても理解してもらえないのでしょうね。





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100609-00000002-mvwalk-movi
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024887
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4815986/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/401305/

ザ・コーヴの映画上映中止!? 

今年のアカデミー賞で騒ぎになった「ザ・コーヴ」。
日本のイメージを悪くするようなあの映画です。



その「ザ・コーヴ」ですが、日本でも上映予定でしたが、中止になったようです。



伝統的なイルカ漁がおこなわれている和歌山県の太地町で、
盗撮した映像を元に製作された話題の映画「ザ・コーヴ」が、
東京・渋谷のシアターN渋谷で6月26日から上映される予定
でしたが、上映に反対する抗議の電話が関係各方面に殺到し、
中止を余儀なくされてしまいました。



確かに、漁を行っている人などにとっては絶対に上映されたくない映画でしょうね。
また日本のイメージも悪くなるという印象が強そうな映画なので。。。




許可なく盗撮された映像が、今年のアカデミー賞で
ドキュメンタリー映画賞をとってしまったのは驚きでしたが、
この影響で、太地町に対するイルカ漁批判は国際的に高まって
入るそうです。



これは猟師にとっては生活がかかった問題ですね。。。



反対に、日本の伝統文化に対して理不尽に干渉する欧米の
環境自然保護団体などに、日本人の感情が敏感に
なっているようで、「盗撮された日本批判の映画を上映するとは
どういうことだ」という批判が相次いで映画関係者に
送られたということです。




昔は欧米諸国もクジラを乱獲していました。日本人のように
無駄なく消費するわけでなく、ただ油を絞りとるだけのために
乱獲していたのですが、一転して動物愛護の精神に目覚め、
日本の伝統を批判する側に回ったわけです。




おまけに、日本と同じクジラ消費国であるノルウェーには文句
らしい文句を言ったことがない。なぜ日本だけ、こんなに
叩かれるのか不思議でならない、という意見も、日本人として
多く見受けられます。




今回の「ザ・コーヴ」上映反対の抗議は、日本バッシングに
怒りを覚えている人たちにしてみれば当然の行動なのでしょう。
しかし、映画を通じて、どんな内容が訴えられているのか、
興味を持っている人も多いはずです。イルカ漁の賛成、反対に
関わらず、多くの人が見てみたいと思っている、ということです。




配給元の社長である加藤氏は、「ザ・コーヴ」が反日映画では
ないことを強調しています。そして今後も、すでに上映が決定
している他の劇場と連携を強め、上映を続行できるように
尽力していくと発表しています。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000001-flix-movi
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024800
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4807559/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/364109/

松たか子出演の映画『告白』のラストシーンが公開 

松たか子が最近、すごく魅力的な女性になってきているように感じる。。。
なんかテレビに頻繁に出ていた頃よりも映画に頻繁に出るようになってからの方が魅力的なような。。。


そんな松たか子さんが出演している映画がいよいよ上映が迫ってきた。
人気小説が原作の映画「告白」のラストシーンが、何とテレビCMで公開されることになりました。



公開されることになったのは、本当にラストシーンの、まさに
ハイライトとなる15秒間。本来、映画関係者にとってネタばれ
は最大のタブーだったはずですが、「告白」の配給元となる東宝
の思い切ったパブリシティに注目が集まっています。


こういったものは映画ファンとしては嬉しいですね。
でも、あまりネタバレするのもつまらなくなりますが。。。


通常、映画のCMはダイジェスト版がほとんどですが、
ラストシーンの一番重要な部分を切り抜いてCMに使う手法は
今までになかったそうです。それも15秒という長さですから、
東宝が大きな賭けに出たことは間違いありませんね。




メガホンをとった中島監督も「ここまでやらなきゃいけないのか」
と、不安を隠しきれない様子だそうです。



監督が不安って…大丈夫なんですかねw



今回、テレビCMに使われる注目のラストシーンは、復讐を
果たした松たか子が生徒の髪の毛を鷲づかみにして「あなたの
更生はこれから始まるの」と、鬼のような形相で言い放つという
迫力満点のシーンです。製作サイドの話によると、
「ものすごく恐ろしい形相」だとか。

自分の教え子に、4歳になる自分の娘を殺された女性教師の復讐
を描いた問題作だけに、この映画はR―15に指定されて
いますが、やはりラストシーンの衝撃も、それだけインパクトの
あるものに仕上がっていそうです。

話題を呼ぶこと間違いなしのテレビCMは、札幌、東京、名古屋、
大阪、福岡の各キー局で放送されるとのこと。映画館に行って
全編見てみたくなること間違いなしです。





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000038-sanspo-ent
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024741
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4803082/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/398546/

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。