スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

いや~昨日のカメルーン戦はテレビに噛り付いて見てしまいました。
今日のニュースはカメルーン戦で持ちきりでしたね。



日本のサッカーファンのほとんどが、3連敗を覚悟していた
ワールドカップ南アフリカ大会で、日本代表が歴史的な勝利
収めました。



監督就任以来、ファンとメディアから徹底的に叩かれてきた岡田
監督ですが、初戦から見事な結果を出し、日本中が喜びと同時に
驚きに包まれているようです。




本番に至るまでとうとう戦術が決まりませんでしたが、
選手たちの自主的な組織プレーが功を奏したのか、貴重な白星を
獲得しました。



決勝点は、初めて1トップを任された本田圭佑選手でした。
前半39分、ゴール前で冷静にボールを押し込んで先取点を
あげ、後半も1点を死守して堂々の初勝利です。



選手たちの動きも最後まで衰えを見せず、つねに走り続けて
プレッシャーをかけ続けました。後半はフィジカルのパワーで
強引にボールをゴール前に集め続けてきたカメルーンでしたが、
ディフェンス陣が身体を張って懸命にボールをクリアし続け、
アフリカ最強といわれるカメルーンを完封。エト―も含めて
カメルーン選手たちの調子は万全ではないと言われて
いましたが、0点に抑えたのですから大したものです。



試合終了後のインタビューで、音声が入らないというハプニング
が発生しましたが、おそらく現場にいたスタッフも昂奮して
いたのではないでしょうか。現地まで応援に駆け付けたサポーター
達も、初戦から勝利を収めるという歴史的な快挙に立ち会って
昂奮しないわけがありませんよね。



岡田監督はワールドカップでの0勝監督という汚名を、早くも
返上したことになります。さらに、日本人監督として初めて
ワールドカップで勝利を挙げた監督として記録されることに
なりました。



今まで岡田監督を散々に叩いてきた日本のメディアですが、
初戦で最高の結果を出してしまった岡田監督の扱いを
どう変えていくのか、これからが楽しみですね。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100615-00000545-san-socc
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/403753/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4827547/

スポンサーサイト

今夜、岡田JAPANがカメルーン戦 

カメルーン戦をどこで見ようか悩んでいます。
でも世間ではあまり興味の無い人も多いようですね・・・汗



4年に1度のサッカーワールドカップがいよいよ開催となりました
世界中がお祭り騒ぎとなるこの1ヶ月間、日本人として参加
できることを大いに喜びたいですね。



注目の岡田ジャパンは本日、いよいよカメルーンと対戦します。
日本が対戦する一次予選E組の中で、ゆいいつ勝利できそうな
のがカメルーンといわれてますが、本当のところは、どうなんで
しょうか? 今夜11時にテレビで中継されますが本当に
待ち遠しいですね。



個人的にはオランダに引き分けでそれ以外は勝利しそうな気がしているのですが。。。
世間的にいったらまず無理と思われているみたいですね。



対戦相手のカメルーンを率いるルグエン監督は、なんと
岡田ジャパンを警戒しているそうです。コメント曰く、「最近の
勝ち負けは重要ではない。日本は組織力があり、タフで手ごわい」
とのこと。リップサービスかと思いましたが、ワールドカップの
監督ともなれば、本番前のプレッシャーは計り知れないものが
あるんでしょう。どんな相手にも気を緩めることなどできない
んでしょうね。


特にカメルーンはチーム状況が最悪な状況のようですから、焦りを感じているんでしょうね。



カメルーンは、世界的な名選手・エト―を中心とした強力な
オフェンスが武器ですが、ディフェンスがもろく、速いパス回し
を追いかけようとしないのが弱点だと言われています。これは
パス回しが大好きな日本にとっては絶好の相手かもしれません。
ともあれ、今日カメルーンに負けたら、残る相手はデンマークと
オランダ、どちらが相手でも日本には分が悪すぎます。岡田監督
のワールドカップ全敗記録を、ストップできるチャンスがあると
したら今日しかありません。



今晩11時、ファンに叩かれまくってきた岡田ジャパンが
いよいよ本番を迎えます。大いに期待して見とどけたいものです。



必ず勝ってくれる事を願っています。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100614-00000040-mai-socc
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/403271/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4826133/

岡田JAPANがイングランドに善戦! 

岡田JAPANがあの韓国戦から復活!
あの韓国戦を見た方は、今回のワールドカップはダメだと諦めムードの方も多かったのではないでしょうか!?

しかし、岡田JAPANがイングランド戦で善戦して、明るい兆しが見えました。




いよいよワールドカップまで待ったなしの状態、直前の調整試合
も、ワールドカップを見据えて激しさを増してきました。




この本番直前の状態では、どこのチームだって、あくまでも本番前
の調整と考えて全力のプレーを披露することはないはずなんですが
日本代表に限っては、そんなことは言ってられない様子がひしひし
と伝わってくる試合でした。


調整なんて事を言ってられない位のプレッシャーだったと思います。
韓国戦で不甲斐ない試合をしただけに選手たちも本気モード。



5月30日、オーストリアのグラーツで行われたイングランドとの
練習試合では、日本代表のメンバーが泥臭い、必死のプレーを
見せてくれました。相手は優勝候補に数えられているイングランド
でしたが、結果は1対2。完全に競り勝ってボールを支配した
場面もあっただけに、今回の試合ぶりには日本のサッカーファンも
少しは納得できたようです。




取られた2点は、いずれもオウンゴール、自殺点だったことが
印象的でした。もし自殺点がなかったら、ひょっとして勝っていた
かもしれない試合内容です。ディフェンスの要である中澤、闘莉王
がそれぞれ1点づつのオウンゴール。どうにもしまらないといえば
それまでですが、あきらかに最近の日本代表とは雰囲気の違う
試合ぶりに、多くのファンが納得しています。


あの試合をして、ワールドカップで負けたのであれば納得いく方も多いと思います。
今までの日本は守って負けていたという印象が強い気がしますからね。。。



圧巻だったのは闘莉王のダイビングヘッドでした。鬼気迫る迫力で
ボールに食らいついた闘莉王の泥臭さ、必死さが、他のメンバー
にも伝播していくといいですね。


岡田監督も闘莉王の復活が大きいと話していると言いますからね。
DFでも攻撃でも活躍する闘莉王は岡田JAPANにとって要とも言える選手のようですね。



結果は負けでも、イングランド相手に先制したこの日の日本代表
は、途中まで「勝ってしまうかも」と思わせるほどだったのが
本当に収穫だったと思います。後半はみんな運動量が落ちて
いましたが、これでなんとか、本番に期待をつなぐことができ
そうです。





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000002-sph-socc
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/397754/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4801790/

岡田JAPAN韓国に0-2で敗退・・・ 

岡田JAPANもいよいよワールドカップ直前!
プレッシャーもすごい事だろう。。。

そんな中サッカーワールドカップ日本代表が、本番直前に宿敵・韓国代表
と対戦しましたが、いいところなしの結果に終わってしまい、サッカーファンを落胆させています。


試合内容を実際に見ていたが、良いところがほとんど見られずに散々だった。
まともにパスが通らない。。。


0対2で敗れた韓国との壮行試合ですが、試合終了後、岡田監督
はファンへのあいさつを放棄し、代わりにチームリーダーの
川口選手がスタンドのファンにあいさつをおこないました。

それどころか、岡田監督が犬飼会長へ「進退伺」をおこない、
協会、選手、サッカーファンたちを大いに混乱させています。



しかもその進退伺も冗談だったと開き直り!
こんな状況でワールドカップベスト4なんて夢のまた夢ではないのだろうか。。。


今まで何度も、監督としての手腕を疑問視されてきた岡田監督
ですが、どれだけメディアやファンに叩かれても、辞任について
は一切否定してきました。それがワールドカップ直前に、
代表選手も自分で選別して、自分のこだわりを貫き通した
上での進退伺です。これはもう敵前逃亡と取られても
仕方がありません。


代表メンバーを決定する前に辞任してくれれば、まだ望みを
繋ぐことは可能でしょうが、ここで監督に匙を投げられたら、
今年のワールドカップはその時点で終了です。



もう岡田監督にがんばってもらうしかない!
韓国に負けた事をバネにワールドカップではしっかりと活躍してもらいたい!


一方、韓国では宿敵の日本を完璧に下したということで、
ワールドカップ直前に大変な盛り上がりを見せています。
先制点を奪って2対0で日本に完勝、先制点を日本から
奪った試合で負けなしの韓国ですから、これは本番に
向けて、いい弾みがついたことは間違いありません。
もっとも、日本相手に勝ったくらいでは、あまり自慢には
ならないと思います。今の日本代表より強いJリーグの
チームがどれほど存在することか。

ともあれ、岡田監督の敵前逃亡に等しい進退伺の波紋は、
まだまだこれから大きく広がっていきそうです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100525-00000016-ism-socc
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/395172/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4787963/

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。