スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・コーヴの出演者がPR活動の為、来日 

「ザ・コーヴ」の映画が日本を騒がせていますね。
これは日本にとってはあまり好ましくないニュースかもしれませんね^^;



つい先日、「ザ・コーヴ」を上映する渋谷の映画館が、抗議を
うけて上映中止に追い込まれたばかりですが、今度は映画の
出演者、それも作中でナビゲーターとして出演している
リック・オリバー氏が来日しました。来日の目的は映画の
PR活動のためですが、上映中止のタイミングが重なったため、
空港には多くの報道陣が詰めかけた模様です。


マスコミは視聴率などを上げる為なら話題性を常に追いますから。。。



日本ではすっかり「日本へのバッシング映画」という見られ方
をしてしまっている「ザ・コーヴ」ですが、成田に到着した
リック・オリバー氏は「日本バッシングの映画ではない」ことを
強調し、さらに「私は日本が大好きです」とも付け加えています。


でも映画の内容から見えると、どうしても批判的なものとして捕らえてしまう方も多いようですね。


欧米諸国では、日本のクジラ文化を感情的に批判する人がとても
多いのですが、その感情の延長線上で「ザ・コーヴ」が製作
されているのは明らかです。見てみたい日本人は多くいる
んでしょうが、見たい動機は、他の映画とは明らかに違う
のではないでしょうか。




この映画の最大の問題点は、「盗撮された映像」によって
成り立っていること。そして、製作サイドが盗撮の事実を
伏せて上映し、商業活動していること。盗撮された事実を
覆すことはできませんが、せめて盗撮した事実を世界に
公表して、興行の収益を太地町にも分配するとか、
そのくらいの誠意を見せてもいいですよね。




環境保護を訴えるのはとてもいいことですが、欧米人の
押しつけがましい価値観には辟易している人も多いはず。
相手の立場や価値観、考え方を尊重できない人には、
何を言っても理解してもらえないのでしょうね。





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100609-00000002-mvwalk-movi
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024887
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4815986/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/401305/

スポンサーサイト

ザ・コーヴの映画上映中止!? 

今年のアカデミー賞で騒ぎになった「ザ・コーヴ」。
日本のイメージを悪くするようなあの映画です。



その「ザ・コーヴ」ですが、日本でも上映予定でしたが、中止になったようです。



伝統的なイルカ漁がおこなわれている和歌山県の太地町で、
盗撮した映像を元に製作された話題の映画「ザ・コーヴ」が、
東京・渋谷のシアターN渋谷で6月26日から上映される予定
でしたが、上映に反対する抗議の電話が関係各方面に殺到し、
中止を余儀なくされてしまいました。



確かに、漁を行っている人などにとっては絶対に上映されたくない映画でしょうね。
また日本のイメージも悪くなるという印象が強そうな映画なので。。。




許可なく盗撮された映像が、今年のアカデミー賞で
ドキュメンタリー映画賞をとってしまったのは驚きでしたが、
この影響で、太地町に対するイルカ漁批判は国際的に高まって
入るそうです。



これは猟師にとっては生活がかかった問題ですね。。。



反対に、日本の伝統文化に対して理不尽に干渉する欧米の
環境自然保護団体などに、日本人の感情が敏感に
なっているようで、「盗撮された日本批判の映画を上映するとは
どういうことだ」という批判が相次いで映画関係者に
送られたということです。




昔は欧米諸国もクジラを乱獲していました。日本人のように
無駄なく消費するわけでなく、ただ油を絞りとるだけのために
乱獲していたのですが、一転して動物愛護の精神に目覚め、
日本の伝統を批判する側に回ったわけです。




おまけに、日本と同じクジラ消費国であるノルウェーには文句
らしい文句を言ったことがない。なぜ日本だけ、こんなに
叩かれるのか不思議でならない、という意見も、日本人として
多く見受けられます。




今回の「ザ・コーヴ」上映反対の抗議は、日本バッシングに
怒りを覚えている人たちにしてみれば当然の行動なのでしょう。
しかし、映画を通じて、どんな内容が訴えられているのか、
興味を持っている人も多いはずです。イルカ漁の賛成、反対に
関わらず、多くの人が見てみたいと思っている、ということです。




配給元の社長である加藤氏は、「ザ・コーヴ」が反日映画では
ないことを強調しています。そして今後も、すでに上映が決定
している他の劇場と連携を強め、上映を続行できるように
尽力していくと発表しています。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100604-00000001-flix-movi
シネマトゥデイニュース
http://www.cinematoday.jp/page/N0024800
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4807559/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/364109/

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。