スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田JAPANがイングランドに善戦! 

岡田JAPANがあの韓国戦から復活!
あの韓国戦を見た方は、今回のワールドカップはダメだと諦めムードの方も多かったのではないでしょうか!?

しかし、岡田JAPANがイングランド戦で善戦して、明るい兆しが見えました。




いよいよワールドカップまで待ったなしの状態、直前の調整試合
も、ワールドカップを見据えて激しさを増してきました。




この本番直前の状態では、どこのチームだって、あくまでも本番前
の調整と考えて全力のプレーを披露することはないはずなんですが
日本代表に限っては、そんなことは言ってられない様子がひしひし
と伝わってくる試合でした。


調整なんて事を言ってられない位のプレッシャーだったと思います。
韓国戦で不甲斐ない試合をしただけに選手たちも本気モード。



5月30日、オーストリアのグラーツで行われたイングランドとの
練習試合では、日本代表のメンバーが泥臭い、必死のプレーを
見せてくれました。相手は優勝候補に数えられているイングランド
でしたが、結果は1対2。完全に競り勝ってボールを支配した
場面もあっただけに、今回の試合ぶりには日本のサッカーファンも
少しは納得できたようです。




取られた2点は、いずれもオウンゴール、自殺点だったことが
印象的でした。もし自殺点がなかったら、ひょっとして勝っていた
かもしれない試合内容です。ディフェンスの要である中澤、闘莉王
がそれぞれ1点づつのオウンゴール。どうにもしまらないといえば
それまでですが、あきらかに最近の日本代表とは雰囲気の違う
試合ぶりに、多くのファンが納得しています。


あの試合をして、ワールドカップで負けたのであれば納得いく方も多いと思います。
今までの日本は守って負けていたという印象が強い気がしますからね。。。



圧巻だったのは闘莉王のダイビングヘッドでした。鬼気迫る迫力で
ボールに食らいついた闘莉王の泥臭さ、必死さが、他のメンバー
にも伝播していくといいですね。


岡田監督も闘莉王の復活が大きいと話していると言いますからね。
DFでも攻撃でも活躍する闘莉王は岡田JAPANにとって要とも言える選手のようですね。



結果は負けでも、イングランド相手に先制したこの日の日本代表
は、途中まで「勝ってしまうかも」と思わせるほどだったのが
本当に収穫だったと思います。後半はみんな運動量が落ちて
いましたが、これでなんとか、本番に期待をつなぐことができ
そうです。





【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000002-sph-socc
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/397754/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4801790/

スポンサーサイト

日本代表の本田が岡ちゃん批判! 

いよいよワールドカップももうすぐですね。
あっという間の4年間だったような気がします。。。


4年間の間に日本代表を成長したのだろうか・・・
なんか弱くなってしまったような気もする。


サッカーのワールドカップを目前に控えている日本代表チームは
いよいよ直前のスイス合宿に突入しました。

しかし24日の韓国戦で、まったく成果を出すことが
できなかったチームの雰囲気は最悪、岡田監督の戦術も2転3転
するありさまで、誰もが不安を感じてしまう状況です。


これでは応援する方も熱が入らないですね。


こんなチーム状態の中、ロシアのCSKAモスクワで実績を
挙げて代表入りした本田圭祐選手が堂々と監督批判を言ってのけ
ました。

「俺はね、いまさら何を変えるところがあるのっていう感覚では
います。もちろん、自分達の目標に向かってやるし、本気で
やるっていうことが大切。ただ結果ね、韓国戦みたいに負ける
こともある。ここまで変えずにやってきて、今さら変えて
うまくいかなかった時の事を考えてみてくださいよ。多分、
一生後悔することになるんじゃないかなって…。ここまで
きたら、たぶん貫くことが大切なんじゃないかなっていう風に
思います」


すげぇ良い事言いますね!
かっこいいですね。本田選手!


どんなスポーツでも、選手が監督の方針に異を唱えれば、
監督批判として一斉に叩かれるものですが、しかし今のところ、
この本田選手の発言を監督批判ととらえてバッシングする
報道が一切見当たらないことに本当に驚いてしまいます。
それだけ、誰が聞いても本田選手の言い分が正しいという
事なんでしょうか。岡田監督に監督の方針がまったくの
でたらめだと、すべての人が思っているからなのかもしれません。

サッカーファンがワールドカップで期待を寄せる数少ない存在
である本田選手ですが、堂々と監督を批判してしまうのは
さすがにどうかとは思います。しかし、岡田監督は多分、
このコメントを報道で知っても、何も言えないのでは?
サッカー協会までこの発言を不問にしたら、サッカー日本代表
は本当の末期状態なのだと思います。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100528-00000000-sanspo-socc
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/396496/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4794664/

岡田JAPAN韓国に0-2で敗退・・・ 

岡田JAPANもいよいよワールドカップ直前!
プレッシャーもすごい事だろう。。。

そんな中サッカーワールドカップ日本代表が、本番直前に宿敵・韓国代表
と対戦しましたが、いいところなしの結果に終わってしまい、サッカーファンを落胆させています。


試合内容を実際に見ていたが、良いところがほとんど見られずに散々だった。
まともにパスが通らない。。。


0対2で敗れた韓国との壮行試合ですが、試合終了後、岡田監督
はファンへのあいさつを放棄し、代わりにチームリーダーの
川口選手がスタンドのファンにあいさつをおこないました。

それどころか、岡田監督が犬飼会長へ「進退伺」をおこない、
協会、選手、サッカーファンたちを大いに混乱させています。



しかもその進退伺も冗談だったと開き直り!
こんな状況でワールドカップベスト4なんて夢のまた夢ではないのだろうか。。。


今まで何度も、監督としての手腕を疑問視されてきた岡田監督
ですが、どれだけメディアやファンに叩かれても、辞任について
は一切否定してきました。それがワールドカップ直前に、
代表選手も自分で選別して、自分のこだわりを貫き通した
上での進退伺です。これはもう敵前逃亡と取られても
仕方がありません。


代表メンバーを決定する前に辞任してくれれば、まだ望みを
繋ぐことは可能でしょうが、ここで監督に匙を投げられたら、
今年のワールドカップはその時点で終了です。



もう岡田監督にがんばってもらうしかない!
韓国に負けた事をバネにワールドカップではしっかりと活躍してもらいたい!


一方、韓国では宿敵の日本を完璧に下したということで、
ワールドカップ直前に大変な盛り上がりを見せています。
先制点を奪って2対0で日本に完勝、先制点を日本から
奪った試合で負けなしの韓国ですから、これは本番に
向けて、いい弾みがついたことは間違いありません。
もっとも、日本相手に勝ったくらいでは、あまり自慢には
ならないと思います。今の日本代表より強いJリーグの
チームがどれほど存在することか。

ともあれ、岡田監督の敵前逃亡に等しい進退伺の波紋は、
まだまだこれから大きく広がっていきそうです。


【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100525-00000016-ism-socc
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/soccer/395172/
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4787963/

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。