スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の宇宙探索機のはやぶさが帰還! 

ニュースでは「はやぶさ」の帰還が騒がれていますね。
日本の宇宙探索の重要な役目を果たしているんでしょうね。


地球を離れて3億キロのかなたにある小惑星へ向かい、
60億キロを飛び続け、7年かけてようやく「はやぶさ」が
帰還しました。



途中、燃料漏れが原因で制御不能に陥った「はやぶさ」ですが、
奇跡的に復旧し、3年遅れで地球に帰還しました。
予定より3年も運用した電池やエンジンは劣化が激しく、最後の
最後まで日本中がハラハラしましたが、インド上空の
7万4000キロメートル上空で採取したカプぜルを分離し、
その後オーストラリア上空で大気圏に突入した模様です。
人類史上初となる、月より遠い宇宙へ旅立って帰還した
宇宙探査機「はやぶさ」は海外でも注目されているようです。



あの中国でさえ、「はやぶさ」の帰還をを不死鳥と讃えて
報道しているのですから、いかにインパクトがあったかが
わかります。


はやぶさ」は世界的にも大きな影響があるん出来事なんでしょうね!


3年以上のオーバーワークを、それもメンテナンスのできない
宇宙で耐え抜いた日本の技術力に注目が集まるのは当然ですが、
それよりも、逆境に耐え抜いて目標を達成し、凱旋を果たした
部分に感情移入して、大きな関心を寄せている人も多いようです。
たしかに、「はやぶさ」が果たした奇跡の生還は、
日本人ならだれでもグッときてしまうような展開でしたね。
そういえば、月面探査機の「かぐや」も、運用を終えた最後に
月面へと墜落したときに多くの人の涙を誘いました。



インド上空で切り離した小惑星のサンプルは、オーストラリア
に落下し、無事JAXAに回収されたそうです。「はやぶさ」が
地球に持ち帰ったサンプルの分析結果が待ち遠しいですね。




【関連ニュース】
Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100614-00000031-scn-kr
ITメディアニュース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/14/news031.html
ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/4825517/
イザ!ニュース
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/403310/

スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。